FC2ブログ

Welcome to my blog

145cmの世界☆

駆け出し声優たかしたみかののんびりブログです☆ お仕事や日常を不定期に書いてま~す。個人ブログなので、事務所は一切関係ありませんm(_ _)m

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 イルカの問題について

これはあたしの個人的な考えなのですけど、イルカの追い込み漁が今、とても自分に引っかかっているので残します。


みんな、どれくらい関心があるんだろう。
水族館でイルカが見れなくなることになるかもしれないって事に。
野生でしか見れない、海のある所でしか見れなくなるかもしれないって事に。
それって、すごく残念じゃないですか?
海の生き物の世界を知る機会が減ることが

海外に行けば見れる、海でたら見れる、今はネットだってあるじゃん

って思うでしょう。

海外ってお金に余裕のある人の選択。
海に出ても100%見れるわけじゃない。
ネットは、本物の大きさや匂いを感じられないよ。イルカはどんな皮膚の感触で、水しぶきはどれだけすごいのか、どんなスピードで泳ぐのか、直で見るからいいんじゃない。

オーストラリアに研修で、行った時、水族館を案内してもらったんだけど。
規模が違うの、土地なんて最たるもの。海に面した所にあるから、
それこそ鹿児島の水族館がやってるみたいに、海に繋がってるの。
沖まではいかないけど、そこそこ広い所まで区切ってあって、自由に行き来して泳いでいく、
浅瀬でお客さんは見れるようになってる。
広いなって思った、日本よりイルカたちものびのびしてるって感じた。

でもね
だからって、日本の水族館にいるイルカが可哀想とか思うのは違うんじゃないかな。
飼育係さんは、日々研究してるし、彼らにとって良い方法を毎日考えてるはず。
じゃないと、続かないんです、花形と言われてる海獣の飼育員の倍率は高いけど、仕事もそれに比例して大変。
でも、空きがなかなか出ないのは皆、生き物を育ててる責任があるからなんじゃないかな。

芝居を始める前に、動物看護の学校で勉強してたんですが。
昔、イルカの調教士になりたかったのです。色々ありまして、役者と動物系の仕事と間で揺れて、役者を選んだのです。
一応就活で、水族館勤務を希望してたんですよ。
何かと並行して出来る程、生き物と接する仕事は甘くないんだと、気付かされました。

つまるところ、水族館は、その生き物を勉強して、寄り添ってる人達が日々頑張ってる場所なんです。
誰にでも見れるように、手の届く金額で、生きてる姿を見せてくれる場所なんです。
一つの面だけ見て、ダメというのはどうなのかなと思うわけで。

繁殖が出来るなら、それは素敵だけど、現状難しい事もわかってるのに。
捕獲の方法にだけ目を向けるのはなく、その先にあるものも合わせて見てくれることを願います。

いち、水族館好き、イルカ好きなあたしとしては、今後を追いかけるしかないのです。


イルカ追い込み漁の深刻さ 「英語の発信、圧倒的に少ない」「東京五輪のネガティブキャンペーンも」(withnews) - http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150523-00000001-withnews-soci
スポンサーサイト

- 2 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015/06/12 (Fri) 03:12 | EDIT | REPLY |   

mikaitini  

Re: タイトルなし

かばお様
お返事遅くなりまして大変失礼しましたm(_ _)m
コメント、ありがとうございます♪
ブログにまで来ていただけて、嬉しいです☆
はい!応援よろしくお願いします♪( ´▽`)

2015/06/21 (Sun) 00:16 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。